Doge Durango ダッジ・デュランゴ

ダッジ デュランゴ オイルフィルターアダプター交換【P06DE】

 

デュランゴのエンジンチェックランプが点いてしまい、PCM(パワートレイン制御モジュール)にて、エラーコードを確認。

『PCM P06DE  Engine Oil Pressure Control Circuit Stuck On』というエラーコードがでてました。

 

調べてみると、エラーコードが出る可能性は3つ。

不具合の可能性

・エンジンの機械的な故障
・エンジン衝撃センサー
・デュアルステージオイルポンプ

エンジン内を目視で調べてみると、『オイルフィルターアダプター』からオイル漏れのような形跡が、、、。

どうやら『オイル圧力センサー』が不良を起こしている様子。

おそらくこれが原因だろうということ。

これが本当の原因か確証はありませんが、ダメになっているのは確かなので本体ASSY交換作業をしました。

 

Nao
補足ですが、ダッジ デュランゴはジープ グランドチェロキー(WK)の兄弟車。 よく不良が起こるパーツのようです。(ディーラーメカニック談)

 

車両情報

  • ダッジ デュランゴ Dodge Durango (3代目)
  • 年式:2013年式(平成25年)
  • 排気量:3.6L
  • エンジン:V6 ペンタスターエンジン (メルセデス製 5速AT)
  • グレード:シタデル

 

ダッジ デュランゴ オイルフィルターアダプター交換

 

Nao
黒い筒の部分に、オイルフィルターが入っています

 

 

エンジンのVバンク内にあるので、インテークマニホールド(インマニ)を外して作業。

 

Nao
樹脂パーツなので、劣化して変形するそうです

 

 

アメ車って整備性に欠けるところがるので、インマニも外すだけでもひと苦労です。

 

オイルフィルターアダプターを外して、内部に溜まっているエンジンオイルと冷却水(LLC)を除去します。

 

 

 

あとは新品に交換して完了です。インマニの上下のガスケットも忘れず交換。

 

通常の交換費用は、おおよそトータル8万円~10万円位
Nao

 

自分でやるには知識や道具も必要ですが、やれない作業ではないですね。

 

結果は!?

チェックランプ消えました!

というのもPCMでエラーコードを一旦リセットしているので、とりあえず様子見で帰宅。

 

念のため、エンジンを切ってかけ直してみると、またチェックランプが付きました…。

原因はここじゃなかったみたいです。

もう一度調べてみたところ、『オイルポンプについてるセンサー』不具合の可能性が。

 

『出典 https://paypayfleamarket.yahoo.co.jp/item/r493091640』

 

これを交換するのは、かなり大変そうです。

おそらく修理代で2~30万はかかるのではないでしょうか。

 

ただ現状は、チェックランプが点灯するだけで、運転していても特に気になる症状はないです。

そのまま様子を見るのもありですが、いずれにしろ致命的になる前に修理が必要です。

 

余談

ちょっと話はズレますが、エンジンカバーにある保護スポンジが

こんな状態になってました↓↓

 

 

どうやらネズミか猫にやられていたようです。

 

エンジンルーム内は暖かいからよく入るらしく、ネズミのう〇ちが山盛りでてきたこともあったそうです。(ディーラーメカニック談)

 

Nao
猫バンバンならぬネズミバンバンだね!

 

特に冬場は気をつけましょう。

 

こちらの記事もどうぞ↓

【ダッジ デュランゴ 】実際どうなの?愛車の評価と解説

ダッジ デュランゴのサイズ感はどうなの?【正直に答えます】

ダッジデュランゴの燃費ってどんな感じ?【ホントのところ教えます】

ダッジ デュランゴのタイヤサイズは?【関連サイズも解説します】

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。また次回の投稿で。

-Doge Durango ダッジ・デュランゴ

© 2023 Nao BLOG Powered by AFFINGER5